冷え性は睡眠障害のもと

身体の冷えで熟睡できないワケと対策法

身体の冷えが原因で熟睡できないのは、
血のめぐりが悪いからです!

 

 

じつは、血のめぐりが眠りを誘う仕組みの中で、
とても大切な役割をしているからなのです。

 

 

人は眠りにつく前に、
まずは、体温を上げて、身体の表面から熱を放つことで
「おやすみモード」に切りかえます。

 

 

 

たとえば、赤ちゃんは、
眠くなると手足が温かくなったり、
ほっぺが赤くなったりします。

 

 

 

これは、手足やほっぺなどから、
身体から放熱することで、
眠れるようにしているためなのです。

 

 

体内の各器官に、
熱を運ぶのは血液の役目です。

 

 

ですから、寝る前に血のめぐりを良くしてやれば、
体温を上げり、身体の表面から放熱がはじまり、
自然と眠りにつけるというわけです。

 

 

 

では、この血のめぐりをよくするにはどうすればいいのか?

 

血のめぐりを短時間で良くする方法!

 

 

 

一番、効果的なのが入浴です!

 

 

 

ぬるめのお湯(38〜40度程度)にゆっくり入ることで、
血のめぐりがよくなり体温を上げやすくなります。

 

 

 

ただし、シャワーは手軽ですが、
身体の芯までは温めることが難しいので
必ず、湯船につかるようにしましょう。

 

 

 

 

また、より効率よく体温を上げたいなら
炭酸入りの入浴剤を活用すると、たとえ、ぬるめのお湯でも、
短時間で血のめぐりをよくすることができるのでおすすめですよ。

 

たとえば、下記の入浴剤は人気です。
>>重炭酸 入浴剤ホットタブ

 

 

 

 

 

関連ページ

朝起きれない原因について
朝起きれない!その原因を徹底調査。朝起きれないの対策するためには、まず原因を知ることから始めてみよう。
朝が起きれない人のための対策
朝 起きれない時の対策の数々を紹介。あなたが、取り組めやすそうな朝 起きれない時の対策があれば、すぐにでも取り組んでみてください。
目覚ましが聞こえない!その原因とは
朝、目覚ましが聞こえないので、起きれないと言う人のおもな原因は、ひとつです。
二度寝が原因で朝起きれない
あなたが、二度寝で朝起きれない原因は睡眠不足が引き起こす様々な原因から。朝起きれないなら、 まず、起床したらやるべきことがあります。その方法は、意外と簡単です。
スヌーズ機能付き目覚まし時計は危険!
スヌーズ機能付き目覚まし時計では、一端アラームを止めても、しばらくしてから再びアラームが鳴り出す機能なのですが、この再アラームが鳴るスヌーズ機能が、じつは二度寝を招いていたのです。
スヌーズ機能は危険だった!?
スヌーズ機能は体に悪いことが判明!そのスヌーズ機能が招く体への悪い影響と引き起こす症状、その原因と、さらに、スヌーズ機能を使わない対策法を紹介。