朝起きれないのは二度寝が原因

二度寝してしまう原因は、なにか?対策するすべはあるのか!

朝 起きれない!

 

1度、目覚めても2度寝、
それどころか、3度寝は当たり前。

 

 

毎朝、同じ時刻にアラームをセットしても、
音に気づき止め、その後すぐに二度寝してしまう。

 

 

スマホのアラームや目覚ましでも
スッと起きた経験がない!

 

また、これまで、いろいろな
アプリも試してもダメ。

 

 

予定がない日などは、ギリギリまで寝て、
ひどい時には、アラームすら気づかない時も。

 

 

起きてもすっきり感がなく、
毎日、何も出来ずに、1日が終わっている感じで、
充実感がまったくない。

 

 

 

気合で起きるのではなく、
自然に、すっきりと起きて目覚めたい!

 

 

不眠もなくぐっすり眠っているし、寝つきも良いのに、
毎朝、二度寝してしまう。

 

 

いったい、どうすれば、すっきり起きる事ができるのか?

 

 

 

ところで、二度寝の原因は・・・

 

 

二度寝は、そもそも、
睡眠不足を解消しようとする身体の自然な欲求なのです。

 

 

ですから、

 

二度寝の原因の、おおもとは、睡眠不足なのです。

 

 

それゆえに、身体が眠りたい欲求が強く、
ベッドの上で、グズグズしていると、
再度、寝てしまうのが、二度寝の典型的なパターンです。

 

 

 

では、睡眠不足の原因としては、
自律神経のバランスの乱れにより、
眠りが浅くなっている可能性があります。

 

 

自律神経が乱れには、さまざまな原因があります。

 

たとえば、ストレスや不規則な生活、

 

疲労、

 

季節の変わり目の温度変化
などが考えられます。

 

 

この自律神経が乱れで、寝つきが悪くなったり、
寝ている途中に何度も目が覚めるなどの症状がでます。

 

 

ベッドに横たわっている時間が長いので
十分、寝ていると思っている人もいるようですが、
眠りが浅くなっているために結果として睡眠不足になっています。

 

 

熟睡とは、心と身体をリラックスして眠ることです。
このリラックスができないのであれば、
それは、寝不足と同じ状態だということです。

 

 

朝に目覚め悪い時や二度寝の対策としては、
起床時、一番にやるべきことは、

 

太陽光や蛍光灯の光を浴びることです。

 

できれば、太陽光のような強い光を浴びることです。

 

この光により体内時計がリセットされ
入眠、起床の正常なリズムを作ることができるのです。

 

 

 

 

 

二度寝してしまうのなら、光で体内時計をリセットを!

 

 

 

二度寝してしまうのなら、
まずは、毎日の起床時に、光を浴びて体内時計を
リセットすることから始めましょう!

 

 

できれば、太陽の光を浴びることです。

 

 

 

まずは、起きてカーテンを開けて・・・

 

 

でも、太陽は夏場なら4時ごろから陽が昇っているので
太陽の光を浴びれますが、
冬は7時ごろにならないと明るくありません。

 

 

 

それに、雨の日や曇り、雪の日など天候によっては
日差しがない朝もあります。

 

 

 

まして、二度寝は、身体が眠い状態なので、
そうやすやす、立ち上がってカーテンを
開けられるはずもない。

 

 

 

それに、夜勤の人はどうするのか?

 

 

 

よくよく考えたら
体内時計を調整するのに
毎日、太陽の光を浴びることは結構、難しいことです。

 

 

 

ならば、なにか代替品はないか?

 

 

 

最適な、商品がありました。

 

 

それが、これ
inti4

 

 

これ、今、話題の光目覚まし時計です。

 

このintei4は、

 

なんと、部屋に差し込む朝日と同等レベルの光を出しますので
太陽の日の出時刻や、天候など関係なしで、
あなたの、希望の起床時刻で使えるのです。

 

二度寝して困っているのなら、intei4を検討してみては。

 

気になる人は、intei4の特長や使った人の口コミは下記からご覧ください。

 

関連ページ

朝起きれない原因について
朝起きれない!その原因を徹底調査。朝起きれないの対策するためには、まず原因を知ることから始めてみよう。
朝が起きれない人のための対策
朝 起きれない時の対策の数々を紹介。あなたが、取り組めやすそうな朝 起きれない時の対策があれば、すぐにでも取り組んでみてください。
目覚ましが聞こえない!その原因とは
朝、目覚ましが聞こえないので、起きれないと言う人のおもな原因は、ひとつです。
スヌーズ機能付き目覚まし時計は危険!
スヌーズ機能付き目覚まし時計では、一端アラームを止めても、しばらくしてから再びアラームが鳴り出す機能なのですが、この再アラームが鳴るスヌーズ機能が、じつは二度寝を招いていたのです。
スヌーズ機能は危険だった!?
スヌーズ機能は体に悪いことが判明!そのスヌーズ機能が招く体への悪い影響と引き起こす症状、その原因と、さらに、スヌーズ機能を使わない対策法を紹介。