スヌーズ機能は体に悪い!身体への影響と症状、その原因と対策

「スヌーズ機能」が、体に悪いって知っていましたか?!

スヌーズ機能 二度寝

ジリリーン! 

 

と、けたたましい音で、
いつまでも鳴り響く目覚まし時計を
寝ぼけまなこで止める姿。

 

 

 

 

 

 

今では、スマホや携帯電話を枕元に置いて
指定の時刻にアラームをセットして
目覚まし時計かわりにしている人がほとんどではないでしょうか。

 

 

 

しかも、今のスマホのアラーム機能には、
呼び出し音を止めても、何分か後に
再び鳴ってくれる「スヌーズ機能」がついています。

 

 

これなら、寝ぼけてアラームを止めてしまっても、
再度、アラームが鳴るから便利ですよね。

 

 

 

スマホや携帯電話がなかった時代を考えれば、
枕元に2個も3個も目覚まし時計を用意し、
10分おきに鳴るように、ずらしてセットしていた人にとっては、
ありがたい機能ですよね。

 

 

 

 

この「スヌーズ機能」さえあれば、
寝過ごしてしまうって“事故”は防げるはず…。

 

と、

 

誰もが思ってしまいますが・・・。

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

じつは・・・

 

 

 

「スヌーズ機能」は体へ、
悪影響を与える機能だと言うことがわかりました。

 

危険!スヌーズ機能に頼り過ぎると、大変なことに・・・

 

ご注意ください!

 

 

スヌーズ機能に頼れば頼るほど、
寝起きがどんどん悪くなり、
そのうち、いつまでたっても布団から出られなくなる、
なんてことに、なりかねない可能性がとっても高いんです。

 

 

 

人間の脳には、

 

起床する3時間前から血圧や血糖値を徐々に高めて、
起きる準備を整えるようにプログラムされています。

 

これをつかさどっているのが、
コルチゾールという物質です。

 

 

 

このコルチゾールという物質が凄いところは、
毎日の起床時間が一定なら、脳は何時ごろから
コルチゾールを分泌すればいいのかを逆算して動いているのです。

 

 

 

このコルチゾールが、毎朝、規則正しく働いていれば、
起床時間にすっきり目覚められるようになっています。

 

 

 

これって、凄いですよね。

 

 

じつは、私たちは、生まれつき、
このような覚醒能力が備わっていたんです。

 

 

 

 

ですが!

 

 

朝、起きるのが不安ということで、
スヌーズ機能を使いつづけていると、
本来のコルチゾールが分泌し始めるタイミングが
狂いはじめてしまうのです。

 

 

 

たとえば、朝6時に起きなければならない人が、
5時30分から10分おきにアラームが鳴るように
スヌーズ機能をセットした場合、

 

まず5時30分に目覚めた後、
“2度寝”を何度も繰り返したとします。

 

 

この2度寝の状態が日常化すると、
脳は、いつからコルチゾールを
分泌し始めればいいか分からなくなってしまうのです。

 

 

わかりますか?

 

 

つまりですね、
意図していなかった時間に起こされると、
脳は慌ててコルチゾールを分泌しょうとし、
脳に、かなり大きな負担をかけるのです。

 

 

こうなると、寝起きが悪くなって
ボーッとする時間が長くなったり、
極端になると不機嫌になったりする場合があります。

 

 

 

なかには、家族相手に誰かれ構わずキレまくって罵倒したり、
無意識に手を出してしまうケースもあるようです。

 

 

また、モノに当たり散らし、スマホなどを壁に投げつけて
何台も破壊してしまった人もいるとか…。

 

 

ですから、
スヌーズ機能の利用は、
かえってコルチゾールの分泌されるタイミングを狂わし、
体調や家族に最悪の事態を与えてしまうのです。

 

今すぐ、スヌーズ機能を手放しコルチゾールの作用を利用すべし!!

 

今すぐ、スヌーズ機能を手放しましょう!

 

そして、コルチゾールの作用を利用することです。

 

 

 

 

コルチゾールは
体内時計のコントロールに欠かせないホルモン物質。

 

 

スヌーズ機能を使うことで、二度寝が助長され、
コルチゾールの分泌タイミングが狂ってしまい。

 

かえって、朝、目覚めてからいつまでたっても
布団から出られなくなることが、わかっています。

 

 

では、コルチゾールをベストのタイミングで分泌でき、
朝、すっきり目覚めて起床できるようにするためには、
どうすればいいのか?

 

基本的なことは、まず、起床時間を一定にすることが大切です。

 

 

ただし、

 

しっかり寝て、すっきり起きることを実現するには、
多くの人は寝る時間を合わせようとしますが、
これは大きな勘違いです。

 

 

コルチゾールの分泌は、
もともと目覚まし時計のような機能が脳内に備わっているので、
その機能を働くようにしむければ起床も楽にできるはずなのです。

 

 

 

 

では、どうすればいいのか?

 

 

それには、コルチゾールの分泌リズムを利用すればいいのです!
眠る前に頭の中で〈明日は○時に起きる〉と3回唱えるだけで、
比較的時間通りに目覚めることができるようになると言われています。

 

 

現在では、まだこのメカニズムの詳しいことは、はっきり分かっていませんが、
頭の中で働くタイミングを唱えることで実際に働くようになると言われています。

 

 

この仕組みは、〈内言語〉の働きによるものだとも考えられており、
初めのうちは極端に早く目覚めたり、再び眠ってしまうケースもあるでしょうが、
繰り返し訓練しているうちに目覚まし時計よりも早く起きられるようになるようです。

 

 

できれば、あなたも今日からスヌーズ機能をやめて、
コルチゾールをフル活用する試みをしてはどうでしょうか。

 

私たちは、コルチゾール物質の分泌条件さえ整えば、
自然とすっきり、朝 起きられるようになるのです。

 

さらに、効率よく実践するために。

 

朝の起床で快適に目覚めるために
コルチゾール 作用の利用がありますが、

 

より、早く、効果的に行えるように、
次のアイテムをプラスしてみてはどうでしょうか

 

 

目覚ましをセットしても、朝 起きれない方には朗報ですよ。

 

 

 

 

前回の記事で、コルチゾールの活用方法を簡単に述べました。

 

 

ですが、そうやすやすと、うまくいくはずもありません。

 

 

やはり、定刻に目覚めるには、
目覚まし時計は必要です。

 

 

ただし、何度もいいますが、スヌーズ機能はダメです!

 

 

でも、中にはアラーム音では、朝 起きれない!と言う人もおられると思います。

 

 

そこで、おすすめしたいのが
今、欧米で人気の、光目覚まし時計の活用です。

 

 

 

朝、起きれない!二度寝する人は光目覚まし時計の活用を!

 

日本で目覚まし時計と言えば、
アラーム時計やスマホのアラームが一般的です。

 

欧米では、すでに光で朝、目を覚ますといった
考え方が常識となっていて光目覚まし時計が普及しているとか。

 

 

この光目覚まし時計を使うと、
朝目覚めが良くなる効果が、
驚くほど早く実現できるといった反響が出ていることです。

 

 

じじつ、光目覚まし時計の利用者から、
利用した翌朝には効果を実感できたとの声も多数寄せられています!

 

 

さらには、

 

個人差はありますが、夜は自然に眠りを感じ、
グッスリ眠れるようになるといった、
快眠サイクルも自然と身についたと言われる方の声も、多数あります。

 

 

 

最近では、一部のテレビや雑誌等のメディアで
取り上げられるようになり利用者も増加傾向だそうです。

 

 

ですが、まだまだ、この光目覚まし時計のことを知らず、
日々、朝起きられない、二度寝するといった悩みをもって
過ごしておられ方が多いのが現状のようです。

 

 

 

 

もし、あなたが、毎朝の目覚めが悪いといった、
睡眠障害等に悩んでいるなら、この光目覚まし時計を、
一度、検討されてみてはどうでしょうか。

 

 

また、前の記事でも取り上げたコルチゾールと合わせて、
使うのも効率的に良いと思います。

 

 

 

この光目覚まし時計の利用を検討してみてはどうでしょうか。>>

 


関連ページ

朝起きれない原因について
朝起きれない!その原因を徹底調査。朝起きれないの対策するためには、まず原因を知ることから始めてみよう。
朝が起きれない人のための対策
朝 起きれない時の対策の数々を紹介。あなたが、取り組めやすそうな朝 起きれない時の対策があれば、すぐにでも取り組んでみてください。
目覚ましが聞こえない!その原因とは
朝、目覚ましが聞こえないので、起きれないと言う人のおもな原因は、ひとつです。
二度寝が原因で朝起きれない
あなたが、二度寝で朝起きれない原因は睡眠不足が引き起こす様々な原因から。朝起きれないなら、 まず、起床したらやるべきことがあります。その方法は、意外と簡単です。
スヌーズ機能付き目覚まし時計は危険!
スヌーズ機能付き目覚まし時計では、一端アラームを止めても、しばらくしてから再びアラームが鳴り出す機能なのですが、この再アラームが鳴るスヌーズ機能が、じつは二度寝を招いていたのです。