朝起きれない!対策方法のまとめ

朝起きれない!こんな状態では・・・

そろそろ起きなきゃ・・・と思い、
目覚まし時計をみると、すでにアラームがOFFに・・・!

 

 

えー!?

 

 

 

やばい!!

 

 

 

 

毎朝、慌ただしいく1日が始まる。
こんな状態では、1日のテンションは下がりっぱなしですよね。

 

 

まして、スッキリ起きたわけじゃないので、
身体も重い・・・

 

 

そこで、

 

朝起きれない人の対策として、
朝目覚めがよくなる方法を紹介します。

朝起きれない人が、取るべき対策!

朝目覚めがよくなる方法の基本は、
眠っている脳に適度な刺激を与えることなのです。

 

 

その1.
目が覚めたら布団の中から腕だけを出して、
手をグーパーグーパーを2〜3分繰り返す。

 

この動作で、しだいに血流が良くなり、
体温が上昇して脳が活性化します。

 

 

その2.
次、朝日を浴びることです。
朝起きたらすぐにカーテンを開けて、
太陽光を取り込むようにしましょう。

 

 

その3.
好きな音楽を聴く。

 

好きな音楽を聴くことにより、
脳内でドーパミンが分泌されことで、
血圧と体温が上昇。

 

これにより、脳が活性される。

 

 

その4.
アロマテラピー。

 

レモンやオレンジといった柑橘系の香りやミントやローズマリーなどアロマオイルはすっきり朝目覚めがよくなるサポートをしてくれます。

 

その5.
頭のてっぺんにある「百会」(ひゃくえ)というツボを心地よく感じる強さで押す。
百会はすべての神経とつながるツボとして知られ、血行促進や自律神経の安定に働きます。

 

 

その6.
起床時のコップ1杯の水は水分不足気味の状態になっている身体の朝の水分補給と
内臓を活発にしてくれるます。

関連ページ

身体を動かし二度寝を防止
身体を動かくことで、しだいに血流が良くなり、 体温が上昇して脳が活性化しま