夜 ぐっすり眠れない方に。厳選!ぐっすり眠れる方法徹底調査!!

「睡眠時無呼吸症候群」どういう症状?

睡眠時無呼吸症候群」どういう症状なのか?

 

基本的な症状として

 

「睡眠中のいびき」

 

「睡眠中、呼吸がちょくちょく止まる」

 

「日中の眠気」
がおもなチェックポイント。

 

ただし、なかに分かりにくい睡眠時無呼吸症候群もある。

 

必ずしも大いびきをかくわけではなく、寝息のようないびきもある。
大いびきなら呼吸が止まっていることに家族が気付くかもしれませんが、寝息程度なら発見が難しいこともある。

 

 また、日中の眠気を睡眠時無呼吸症候群とすぐに結び付ける人も少ない。

 

現代人で十分な睡眠時間を取れている人はそう多くいないから、たいていは寝不足だと考えるのではないでしょうか?

 

 ただし、分かりにくいとはいえ、やはり、いびき、呼吸停止、日中の眠気が睡眠時無呼吸症候群のチェックのカギになることは確かです。
この、記事を読んで、もしかしてと思ったら、早めに専門医のもとで検査を受けることをお勧めします。

最新の疲労研究で判明した!「いびき」の恐怖

いびきは、細いストローで空気を吸っているのと同じ状態。

 

つまり、息苦しさによって心拍や血圧が上昇が起こり、自律神経に大きな負担をかけています。

 

これは、まさに眠りながら走っている状態とも言えます。
これでは、寝ても疲れが全く取れない状態です。

 

ですから、睡眠効率を高めて前日の疲れを回復させるには、
いびきを抑えることがもっとも重要です。

 

日本のいびき患者数は推定2,000万人。
疲労回復はもちろん、居眠り事故を減らすには、いびき対策が不可欠だといえます。

関連ページ

睡眠時無呼吸症候群は肥満の病気
夜 ぐっすり眠れないと体がリフレッシュできません。また、昼間に眠気が出て仕事や家事も手につきませんよね。そこで、厳選した「ぐっすり眠れる方法をご紹介します。
「睡眠時無呼吸症候群」放置したら
夜 ぐっすり眠れないと体がリフレッシュできません。また、昼間に眠気が出て仕事や家事も手につきませんよね。そこで、厳選した「ぐっすり眠れる方法をご紹介します。
「睡眠時無呼吸症候群」の検査
夜 ぐっすり眠れないと体がリフレッシュできません。また、昼間に眠気が出て仕事や家事も手につきませんよね。そこで、厳選した「ぐっすり眠れる方法をご紹介します。
「睡眠時無呼吸症候群」治療
夜 ぐっすり眠れないと体がリフレッシュできません。また、昼間に眠気が出て仕事や家事も手につきませんよね。そこで、厳選した「ぐっすり眠れる方法をご紹介します。