熟睡する方法

誰でも熟睡できる!熟睡するにための8つのポイント!!

ぐっすり眠る コツ

誰でも熟睡できる!

 

熟睡するにためのポンとを8つ紹介!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝る前に、交感神経を興奮させるな!

 

寝る前に、一番やってはいけないのは、
交感神経を興奮させることです。

 

たとえば、

 

・テレビゲームやネット検索、メール送信など。神経が高ぶると寝つきが悪くなる。

 

・テレビのスポーツ中継で興奮するのも禁物である。

 

 

お風呂は、寝る1時間前に入るべし!

お風呂は、寝る1時間前に入り、体が少し冷めたころ布団に入るのがベストである。

 

 

照明をつけたまま眠ってはいけない!

朝すぐに起きられるように、照明をつけたまま眠る人がいるが、
かえって、脳内にメラトニンが分泌されないため寝つきが悪くなるので、注意です。

 

 

昼寝は午後3時までに!

 

・昼寝は、眠りすぎると夜眠れなくなるので、20〜30分にとどめること。

 

 

 

週末の金曜、土曜に夜更かしして生活は最悪!

週末の金曜、土曜に夜更かしして生活はリズムが狂い、かえって月曜に睡眠不足で出社する最悪のパターンになる。
できれば、逆に2時間ほど早めに寝てたっぷり睡眠を取ったほうが、月曜の朝をベストの状態で迎えることができる。

 

 

 

夜遅く帰宅したときのごはんは、控えて!

夜遅く帰宅したときに、ごはんを食べると血糖値が上がるので、
できれば、ヨーグルトやチーズ、ぬるめの牛乳を取るようにしましょう。
なぜなら、乳製品には気持ちを安定させるセロトニンが含まれるからです。

 

 

お酒は寝入る1時間前に!

お酒は、寝入る1時間前に飲み終えて、しっかりトイレに行くこと。

 

辛いものや熱いものもは控えて!

辛いものや熱いものは、就寝の直前に食べるのを控えましょう。

 

 

 

以上、これだけでも、ぐっすり眠れることにつながるはずです。

 

 

 


関連ページ

寝だめの影響
「あ〜眠い」 現在人は生活が深夜型になり、昼間あくびをする老若男女が増えている昨今。 睡眠は健康のためにたいへん重要です。 不眠症・睡眠障害でお悩みに方に健やかな睡眠を得られ、活力ある日常生活を送る手助けになればと思い、寝不足解消、ぐっすり眠れる方法や商品を紹介しております。 お役に立てれば幸いです。
睡眠の質を下げる行為
「あ〜眠い」 現在人は生活が深夜型になり、昼間あくびをする老若男女が増えている昨今。 睡眠は健康のためにたいへん重要です。 不眠症・睡眠障害でお悩みに方に健やかな睡眠を得られ、活力ある日常生活を送る手助けになればと思い、寝不足解消、ぐっすり眠れる方法や商品を紹介しております。 お役に立てれば幸いです。